増田歯科医院



Crown かぶせもの

オールセラミック
オールセラミック
保険外の差し歯の中で最も天然歯に近いものです。明るく透明感のある自然な色調が再現できますし、装着後の変色の心配もありません。装着する土台をファイバーコアにする事で歯ぐきが黒く変色する事もありません。また生体にも優しく金属アレルギーの心配もいっさい必要ありません。

オールセラミック

プラチナセラミック
プラチナセラミック
オールセラミック同様、明るく透明感のある自然な色調が再現できます。オールセラミックとの違いは、内側がプラチナで製作されていることです。特殊な技術による製作で、土台との適合性が大変優れていますので2次的な虫歯になる心配がきわめて少ないです。また、生態親和性にも優れています。

審美義歯症例

ゴールドクラウン
ゴールドクラウン
強度的に優れていますので奥歯に最適です。保険適応の銀歯と異なり、金特有の硬さで、噛み合う相手の歯を選びません。また適合性にも大変優れていますので、二次的な虫歯になりにくいという特徴もあります。

ゴールドクラウン

Inlay つめもの

セラミックインレー
セラミックインレー
透明感が優れていますので、装着後はつめものとわからないくらい綺麗で自然な状態を再現できます。またセラミックですので、唾液の吸収がなく、変色や変形や口臭の心配もありません。

セラミックインレー

ゴールドインレー
審美義歯症例
強度的に優れていますので奥歯に最適です。保険適応の銀歯と異なり、ゴールド特有の適度な硬さで、噛み合う相手の歯を選びません。また適合性にも大変優れていますので、二次的な虫歯になりにくいという特徴もあります。


セラミックブリッジ


ラミネートベニア
ラミネートベニア
歯の表面をわずかに削り、その部分にセラミックを貼り合わせます。自然で綺麗な状態に近くなりますが、患者様のかみ合わせの問題で、ラミネートセラミックに向いている方とそうでない方とがおられます。

セラミック治療におけるQ&A

およそ何年くらいもちますか?
お手入れの仕方などで、大きく異なりますが、長い人では20年以上もつ方もおられます。素材その物の耐久性に問題はありませんので年に3~4回の定期メインテナンスに来院される事で、永年にわたり自然で綺麗な歯を維持できます。

本当に何年たっても色は変わらないのですか?
保険のプラスチックの差し歯のように、素材そのものが唾液を吸収し変色すると、それを白くすることは出来ませんが、セラミックの差し歯は唾液をいっさい吸収しないため、素材そのものが黄色に変色する心配はありません。着色は簡単なお掃除で綺麗に取り除けます。

保険の差し歯に比べてどれくらい良いのですか

保険のプラスチックや銀の差し歯と比べると、唾液を吸収しないため変色・変形と口臭の面で安心できます。保険外の差し歯の中で最も天然歯に近いものです。明るく透明感のある自然な色調が再現できますし、装着後の変色の心配もありません。装着する土台をファイバーコアにする事で歯ぐきが黒く変色する事もありません。むし歯になりにくく、生体にも優しく金属アレルギーの心配もいっさい必要ありません。


お手入れはどうすれば良いのですか?

ブラッシングの仕方を心がけて頂き、メインテナンスは年に3~4回を目安に定期的に来院して頂き、噛みあわせが変化していないかなどの確認をさせて頂きます。装着時はベストな状態でも、年月が過ぎるにつれて、装着したセラミック以外の歯が、移動したり、磨り減ったりする事がありますので、それにあわせて、セラミックの微調整をお口の中で行います。


高額ですがそれ程の価値がありますか?

それぞれの患者さんの考え方により異なります。例えば、唾液を吸収して変形・変色してしまう保険適応の差し歯を、2年に1度の割合で綺麗な状態に再治療していった場合、10年間で5回の治療が必要になります。その間に発生する費用と治療にかかる時間や苦痛などを考えると、やはり唾液を吸収せず変色の心配もない、セラミックを選択される方は多くいらっしゃいます。

 


診療時間

Masuda Dental Clinic All Rights Reserved.

s